コウシロウの正体は霜月コウ三郎か!?

One Piece

コウシロウ = 霜月コウ三郎 !?

ワンピース 955 話にて、和道一文字の生みの親が、50年以上前にワノ国を違法出国した男 名工 “霜月コウ三郎 ( しもつき こうざぶろう )” だと判明しました。

ソロがくいなとコウシロウと過ごした、東の海 ( イーストブルー ) の村の名前は シモツキ村 です。

2019-09-19 (木) 21:58 のコメントより、

名前からして父親ってわかんだろ

言われてみれば確かに、
父親: こうざぶろう
子供: こうしろう
だと考え直しました。

これらのことから 霜月コウ三郎 = コウシロウの父親 であると考えています。

追記:
ONE PIECE 96卷 SBS にて、

霜月コウ三郎はシモツキ村を作った人物である。
霜月コウ三郎の息子がコウシロウで孫娘がクイナである。
ゾロにスナッチという言葉を教えた、村のじじいは霜月コウ三郎である。
ソロの血筋って … ?

ということまで公式に明かされました。

ワノ国編でゾロの出生がわかるのかもしれません。
すごく気になります。

ついでに、フランキーが海賊の両親に捨てられた孤児であることも気になります。
その両親はいったい誰なのか?

あと、ナミの出生もいまだ明らかになっていませんね。
気になることだらけです。

ONE PIECE って物語もひとつなぎになってくるから面白いですね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

One Piece
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Typememo.com

コメント

  1. フリーれいか より:

    名前からして父親ってわかんだろ

タイトルとURLをコピーしました