Python ファイル処理 基本の基本

Pro

Python ファイル処理 基本の基本

独学プログラマー 第9章のファイル処理の自分用メモです。

継続してアウトプットするためのメモなので、
間違いなどがあるかもしれません。

その点、ご了承くださいませ。

ファイルパス取得 => os モジュール

ファイルパスを取得するなら os モジュールを使うべし。

手入力だと、OS の環境が異なるとファイルパスの書き方が異なるため。

この os モジュールの使い方には感動した。初めてみたので。

os.path.join()

# for example
os.path.join("Users", "bob", "st.txt")
>> '/Users/bod/st.txt'

ファイル書き出し

ファイル書き出しの手順は、
open()
write()
close()
である。

file = open("Path/to/File", "w", encoding = "utf-8")
file.write("Something you want to write")
file.close()

# もしくは with 文を使うと
# close() が省略できる。

with open("Path/to/File", "w", encoding = "utf-8") as file
    file.write("Something you want to write")

ファイル読み込み

ファイル読み込みの手順は、
open()
read()
close()
である。

file = open("Path/to/File", "w", encoding = "utf-8")
contentOfFile = file.read()
file.close()

# with 文を使うと、
# close() を省略できる。

contentOfFile = []
with open("Path/to/File", "w", encoding = "utf-8") as file
    contentOfFile.append(file.read())

csv ファイルの処理 => csv モジュール

csv (comma separated value) ファイルの取り扱いには、
csv モジュールを使うと良い。

書き込みと読み込みの始まりは、
csv.writer()
csv.reader()
である。

# 書き込みの場合
with open("Path/to/File", "w", encoding = "utf-8") as file
    csvWriteFile = csv.writer(file, delimeter = ",")
    csvWriteFile.writerow(["a", "b", "c"])
    csvWriteFile.writerow(["d", "e", "f"])

# 読み込みの場合
with open("Path/to/File", "w", encoding = "utf-8") as file
    csvReadFile = csv.reader(file, delimeter = ",")
    for line in csvReadFile:
        print(",".join(line))

おわりに

本記事の内容はすべて、独学プログラマー に則っています。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

Pro Python
スポンサーリンク
Takeru Yamadaをフォローする
スポンサーリンク
Typememo.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました