Day 4 – 100 days of SwiftUI

SwiftUI

Day 4 – 100 days of SwiftUI

For loops

基本的な文法:

for i in Array {
    code
}

例:

// range の場合
let count = 1...10
for number in count {
    print("Number is \(number)")
}

// array の場合
let albums = ["Red", "1989", "Reputation"]
for album in albums {
    print("\(album) is on Apple Music")
}

// インクリメントに意味がなくていいとき
print("Players gonna")
for _ in 1...5 {
    print("play")
}

While loop

基本的な文法:

while Condition {
    code
}

例:

var number = 1
while number >= 20 {
    print(number)
    number += 1
}
print("End of the while loop")

Repeat loop

最初だけは必ず実行したい場合に使うループ。
最後に条件式があるので、最初だけは必ず実行されるようになっている。

基本的な文法:

repeat {
    code
} while Condition

例:

// "This is false" が出力される
repeat {
    print("This is false")
} while false

// "This is false" は出力されない
while false {
    print("This is false")
}

Exiting loops

break キーワードについて。
ループを抜けるためのキーワード。

例:

var countDown = 10
while countDown >= 0 {
    print(countDown)
    if countDown == 4 {
        print("I'm bored. Let's go now!")
        break
    }
    countDown -= 1
}

4 が出力されたと同時に"I'm bored. Let's go now!" が出力され、
break するので、5 は出力されない。

Exiting multiple loops

break は現在処理しているループを抜け出すためのキーワードだけど、
breal outerLoop はループの中でループしてる状態だと、
現在処理しているループの外側のループからも抜け出すことができる。
break outerLoop で外側のループから抜け出せようにするには、
outerLoop: for ... で外側のループを始める必要がある。

例:

outerLoop: for i in 1...10 {
    for j in 1...10 {
        let product = i * j
        print("\(i) * \(j) is \(product)")
        if product == 50 {
            print("It's a bullseye!")
            break outerLoop
        }
    }
}

Skipping items

ループを一つスキップしたい場合には continue キーワードを使う。

例:

for i in 1...10 {
    if i % 2 == 0 {
        continue
    }
}

Infinite loops

無限ループ。
while true {...} で実現できる。
適当な条件でループから抜け出せば良い。

例:

var counter = 0
while true {
    print(" ")
    counter += 1
    if counter == 273 {
        break
    }
}
SwiftUI
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Typememo.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました