Cryptpad を使って Markdown 文書を複数人で同時編集する方法 (無料)

CryptPad の紹介

複数人でリアルタイム編集できる Web エディター CryptPad の紹介です。

この記事の対象者は markdown 文書やソースコードを複数人で同時編集できるお手頃なエディターを探している人です。

「Google Document みたいに複数人で同時編集できるツールが欲しいんだけど、markdown 記法で文書作成できるツールが欲しいんだよねぇ。」 と感じている人にとって、Cryptpad はぴったりなツールだと思っています。

興味のある方は読み進めてください。

CryptPad とは何か?

CryptPad は複数人で同時編集できる Web エディターです。

作成できる文書の種類は以下の7つです。

  • Code
  • Rich text
  • Presentation
  • Poll
  • Kanban
  • Whiteboard

この 7 つの中で、最も気に入っているのが Code です。 Code は対応している言語の数が豊富です。一覧表をさらっと眺めただけですが、おそらく 50 種類以上はあると思います。メジャーな言語は一通り揃っている印象です。もちろん markdown にも対応しています。

以下では Cryptpad で markdown 文書を作成して、その作成した文書を他の人と共有するまでの流れを紹介します。

Cryptpad の具体的な使い方

Sign up しなくても Cryptpad は使えます。その際は anonymous (匿名) として扱われます。anonymous だとせっかく作成した文書も、タブを閉じたら消えてしまいます。ですので、以下に示すように Sign up してから使うことを強くお勧めします。

Step1. まずは Sing up する

Cryptpad ホームページの右上の Sign up をクリックしてください (see Figure 1)。

Username と Password を入力します。

(Cryptpad は入力した Username と Password だけでユーザー認証を行います。メールアドレスなどの登録は一切ありません。もしも Username と Password を忘れたら、そのユーザーで作成した文書には、アクセスすることはできなくなります。ですので、Username と Password はどこかにメモしておくことを強くお勧めします。メールアドレスを Username として登録することはできます。しかしその場合は、Cryptpad から 「本当にメールアドレスを Username にしていいの?」 と確認されます。 良ければ OK をクリックしてください。)

CryptPadHomepage

Figure 1. CryptPad Sign up

これで Cryptpad への Sign up は完了です。続いて markdown 文書の作成の手順を紹介します。

Step2. Create a new pad で新規文書を作成する

Create a new pad で新規文書を作成してください。(see Figure 2)

(右上の タイル状のボタンをクリックするか、 +New をクリックして新規作成する文書のタイプを選択するか、どちらかで新規文書が作成できます。)

続いて、Code を選択します。

CryptPadTemplates

Figure 2. Create a new pad

すると、何も入力されていないまっさらな新規文書が作成されます。

(Visual Studio Code で新規文書を作成したときに表示される Untitle のようなものですね。)

作成された新規文書の右上隅の横三点リーダー (・・・) をクリックし、
Language を Markdown に設定します。

エディターのテーマを変えたければ、先ほどクリックした横三点リーダーを再度クリックし、
Theme を 任意の設定 に変更すれば良いです。

私は dracula をエディターのテーマとして使っています。(see Figure 3)

CryptPadCodeEditorPage

Figure 3. My Criptpad

これで Cryptpad で markdonw 文書を作成する作業は完了です。

最後に、作成した文書を共有する方法を紹介します。

Step3. Share ボタンを押して文書を共有する

Saved の左隣にある Share ボタンをクリックしてください。

すると、どの形式で共有するかを選択するダイヤログが表示されます。(see Figure 4)

編集権限を与えるのならば Edit を選択します。
編集権限を与えないのであれば View を選択します。
Link options は何か特別なことがない限り、使う必要はないと思いますので割愛します。

あとは、URL を共有したい人に送れば、markdown 文書を複数人でリアルタイム編集することが実現できます。

CryptPadCodeShare

Figure 4. Cryptpad code share

おわりに

本記事が誰かのためになれば、嬉しいです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました:)

End of the text

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です