git diff ブランチ名 でブランチ間の差分パッチファイルを作る方法

git diff ブランチ名 でブランチ間の差分パッチファイルを作る方法

例えば master ブランチと、現在の作業ブランチとの差分を取りたいときは、現在の作業ブランチで以下のコマンドを実行すれば良い。

git diff master > /path/to/file/PatchFileName.patch

すると、diff --git ... で始まる diff ファイルが生成される。
これで差分パッチファイルの作成は簡単ですね。

ちなみに、コミット間の差分パッチファイルを作成したければ、以下のようにコマンドを実行すればよいです。

git diff コミットId1 コミットId2 > /path/to/file/PatchFileName.patch

最後までお読み頂きありがとうございました:)

End of the text.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です