PowerPoint 2016 for mac で数式挿入ショートカットキーを設定する方法

今回は「PowerPoint 2016 for mac で数式挿入ショートカットキーを設定する方法」についてです。

PowerPoint 2016 for mac では数式挿入のショートカットキーがありません。Word 2016 for mac では数式挿入のショートカットキーがあるのですが。。。なぜ、PowerPointではないのか意味がわかりません。

ないから諦めるのではなく、ないからこそコチラ側で数式挿入のショートカットキーを設定してしまいましょう。資料作成の時間と手間が大幅に改善されると思います。以下では、その手続きを紹介します。

 

PowerPoint 2016 for mac には数式挿入ショートカットキーがない

以下の図のように、PowerPoint 2016 for mac にはデフォルトの設定では数式挿入ショートカットキーがありません。

システム環境設定からショートカットキーを設定する

“システム環境設定”から“キーボード”をクリックします。  “ショートカット”をクリックし、“+ボタン”をクリックします。

アプリケーションを“Microsoft PowerPoint.app”、メニュータイトルを“数式”、キーボードショートカットを“Command + Control + – キー”に設定します。

追記*

Microsoft Wordの「数式の挿入」と同じショートカットキーに設定するべきでした。なので、キーボードショートカットキーを”Control + – キー“にする方が、Microsoft系のアプリケーションを使うときの操作性が統一されてよいと思います。


“追加”をクリックすれば、数式挿入のショートカットキーの設定は完了です。

例えば、スライドの真ん中にsin[kx + ly + mz – σt]という数式をトラックパッドやマウスを操作せずに入力することができます。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

作成日:2018-11-14

山田 武尊

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です